平成27年度 静岡県西部地域道路啓開実働訓練
平成28年2月5日(金) −

 平成28年2月5日(金)、大規模地震や津波により被災した道路における緊急車両の通行や緊急物資の輸送等を確保する「道路啓開」の実働訓練を、浜松市北区の新都田の市民サービスセンター敷地広場で行いました。
 国土交通省、静岡県、浜松市、湖西市、消防、自衛隊などから約40名が参加し、情報伝達・道路啓開作業・人命救助等を重点項目に作業手順を確認しました。
 災害時、人が乗った車を土砂やがれきなどが覆い道路をふさいだ状態を想定。
 当協会の関係者は、重機で土砂やがれきを取り除き車両が通るスペースの確保や人名救助のための補助作業を担当しました。
   


TOPページ