ちょんな
「ちょんな」とは、木を削る大工道具として
古くから使われている手斧の事です。


<平成16年1月>

 全く実感はないけれど、景気が回復してきているらしい?そうである。

 ビジネス雑誌の見出しにも「日本復活」だの「最高益」だのという文字が躍っている。中でも製造業、特にデジタル家電が景気回復を牽引しているとのこと。そういう企業のトップが答えたインタビュー記事を読んでみる。

 キャノンの御手洗社長「1110万画素ものセンサーを掲載しているデジカメはうち以外にない。基礎技術があるから他社が出来ない高性能な商品も出せるし、利益を十分に上げながら低価格の商品も出せる。自前のキーデバイスを持ったからこその大勝利です」
 シャープの町田社長「テレビの液晶では韓国や台湾のライバルメーカーに生産技術で2年、開発力ではそれ以上の差がついている、と自信を持って申し上げられるようになった」

 フムフム、そうか! 競争に勝つには自社固有の技術を持つことがポイントなんだな。よし、わかったぞー。

 ところで我が社の固有な技術って・・・。なんだっけ?

<H.I>  

前へ前月