ちょんな
「ちょんな」とは、木を削る大工道具として
古くから使われている手斧の事です。


<平成16年11月>

 10月23日(土)に浜松建設業協会主催の親子現場見学会が開催され100名近くの親子に参加して頂いた。自分も建設機械体験会場でのスタッフとして手伝い、オペレータのオジサンたちの膝の上でバックホウやブルドーザーを運転する子供達のキラキラした眼差しに囲まれ、自然と楽しい気分に浸ることが出来た。ふと「この子達の何人が将来建設業に携わってくれるのかなあ?」という思いに駆られた。

 職業の選択は一生を決める本当に大事な選択だ。しかし自分の事を振り返ってもそのために費やした時間なんて大学4年生のほんの数ヶ月だったような気がする。学校では世の中にはどんな職業があってどんなふうに社会に役立っているんだとか、年収がどれくらい稼げるんだとかいうことを教えてくれる機会は極端に少ない。自分自身、就職し社会人になってからの方が「こんな職業があるんだ」とか「もっと早く知っていれば学生時代に目指していたのに・・・」という思いに駆られることが多かった気がする。

 せめて自分の子供には色々とアドバイスしてあげて・・・なんて思うんだけれど、親父の言うことなんて一番最初に否定されちゃうよなあ。だって俺自身がそうだったもん。

<H.I> 

前へ前月