ちょんな
「ちょんな」とは、木を削る大工道具として
古くから使われている手斧の事です。


<平成17年3月>

 パソコンやメールの普及から、便利にはなりましたが、いろいろな変化も起きています。

 工事を施工する私達にとっては提出書類が増え、そのための仕事量も多くなってしまいました。便利で出来るはずと云って、早急な、正確な結果を多量に求められる事もあります。

 電子入札にも考えさせられています。パソコンやメールがあるから出来ることですが、省力化と云う事から機械的な利用に偏らない様に願いたいと思ってしまいます。

 最近のインターネットからの情報から起きている、人を傷つけたり、社会をも大きく動かしてしまうさまざまな事件も、多くの人に問題を投げかけています。良い情報、悪い情報を得るのにあまりにも量も多く、自由すぎて、常に使う人の良識を持って使うことを問われている様です。

 3月になりました。各河川の山釣りの解禁の季節です。
 仕事の減少の中、市の合併を控え、不安はありますが 希望を持って私はエサのミミズを持って釣りに行きます。
 <T.K>

ヒロシです。
杉の花粉もタバコもパソコンも、害があるのだから
この世の中に無ければ良かったのに・・・・。
魚の写真

前へ前月