ちょんな
「ちょんな」とは、木を削る大工道具として
古くから使われている手斧の事です。


<平成17年11月>

 環境問題が話題となり出してしばらくたつが、愛知万博でより一層関心が高まったのではなかろうか?

 そんな中、昨今は我々が少なからず関係があるアスベスト問題が新聞やテレビで騒がれ、あちこちの公共施設で使用中止や除去にとてんやわんやである。
 過去の高度成長期の工業製品に含まれる物質が有害だと社会問題になるのは皮肉なものである。

 先日海岸侵食を考えるシンポジウムin浜松に参加した。

 その折、遠州灘海岸の砂浜の減少は急激であり特に五島中田島の海岸は数年で砂浜が消滅の危機であり、予想される東海地震による津波等に対する防災機能が失われるなど自然環境の変化の影響は計り知れないものといわれている。

 原因はいろいろ考えられるが、原因より今これからどうするかが差し迫った問題でよい解決方法はなかなか見つからず、いずれも“帯に短したすきに長し”で遠州灘海岸全体がすべてよしとする解決方法はなさそうであるが、近いうちに種々の方法の提言があるそうであるから期待しよう。

 皆様もよい方法がありましたら協会までご一報ください。

<K.Y>
シーズンは終わりましたが、たきや漁の乗船基地です。浜名漁協雄踏支所です。

前へ前月