ちょんな
「ちょんな」とは、木を削る大工道具として
古くから使われている手斧の事です。


<平成18年4月>

 気分転換に、春の風に誘われて・・・春は桜に限る。
 桜と言えば・・・そうだ京都に行こう!

 桜満開の古都京都。御所から鴨川、銀閣寺、哲学の道を下って南禅寺へ。昼食に順正の湯豆腐を味わい、琵琶湖疎水と岡崎公園、円山公園、高台寺、清水寺、祇園白川へと、ぐるーっと歩いてサクラを満喫。
 どこのサクラも見事に美しい。
 何でこんなに美しいの?と問いたくなる。
 学生の頃も京都で過ごしたが、「花」より「ダンゴ」。
 「色気」と「食い気」しか見えなかった自分の青春を考えると、周りで一緒にお花見を楽しんでいる振りをしている大勢の若いカップルに、「サクラが綺麗に見えるようじゃぁ、先は知れているね」と言いたくなる。
 「ああ、年は取りたくないね」

 京都の厳しい暑さと寒さを乗り越え、ひとの心に夢を語る美しい桜。

 我が建設業界も、今の様々な厳しさを乗り越えたところに「夢のある花」が開くと信じてじっと堪え忍ぶしかない。・・・それまで耐えられるか?

<K.K>
ねねの道
ねねの道
京都御所
京都御所
三寧坂
三寧坂
哲学の道
哲学の道
円山公園
円山公園
廬山寺
紫式部の廬山寺(ろざんじ)
祇園白川-1
祇園白川-1
祇園白川-2
祇園白川-2

前へ前月