ちょんな
「ちょんな」とは、木を削る大工道具として
古くから使われている手斧の事です。


<平成21年1月>

謹賀新年

 皆さんこのお正月はいかがお過ごしでしたか?
 昨年後半にはまさに未曾有の全世界同時不況に見舞われ、暗い話題が多かったように思いますがせめてお正月位は、そんな暗い世相とはかけ離れたおめでたい初夢でもゆっくり楽しみたいと思う向きの方が多いのではないでしょうか。

 さて、初夢とは、一般的に正月2日に見る夢の事でこの初夢に“1富士 2鷹 3茄子”を見ると縁起がいいという言い伝えがあります。それではなぜこの3つの組み合わせなのかというと様々な諸説があるようですが、手元にある本によればこんな言われが有るそうです。

 まず1富士は、1193年(建久4年)5月28日源頼朝が富士の裾野で巻狩りを行った時、曾我兄弟が18年という忍苦の歳月を経て工藤祐経を討って父の敵を報じたことから“富士”は縁起がよいとされ、2鷹は、大石良雄をはじめ赤穂浪士の苦節が報われる仇討で忠臣蔵として知られる浅野匠頭の紋が“違鷹羽”だったことから縁起がよいとされ、最後の茄子は首尾よく事を成すとの意味があるという事です。ようするに“1富士2鷹3茄子”が言われはじめた江戸時代 仇討は武士の本懐で、念願成就の初夢はおめでたいとされた事からこんな言われが後世に残ったという事です。

 さてさて、皆さんの初夢はいかがでしたか?今年は念願成就できそうですか?

 いずれにしても初夢はともかく、この1年が協会員の皆様にとって幸多き1年でありますように・・・

<Y.Y>

前へ前月