ちょんな
「ちょんな」とは、木を削る大工道具として
古くから使われている手斧の事です。


<平成23年8月>

 私たちはふだんの暮らしの中で、いろんなものに触れています。

 寝ている時は、布団などに体が接していますよね。
 寝相が悪いと、私なんか畳の上で寝ていることも・・・・・・
 (本来はベッド派なんですけど、家の構成上やむなく??)
 立ったり歩いたりしている時は、足が床に触れています。
 布団やベッドがやわらかいと、触ったその瞬間は、気持ち良く感じるけど、
 ずっとそのままでいると、一定の姿勢を保つのが苦痛に・・・・・・
 昔??ベッドにベニヤの板を置いて、その上にシーツかけて寝ていた方がいました。
 なんのためのベッド???って感じでしたけど・・・・・・

 反対に、床が固いと物がこわれやすくなりますよね。
 それと、歩く時のショックがそのまま体に伝わりやすくなります。
 今流行のフローリングは、ちょっと硬すぎ??って思います。
 (でも、防音フローリングのふわふわ感??は大嫌いです)
 本来は、私は絨毯派なんです。
 なんといっても、絨毯は気持ちいいのですけど、今の日本では不人気???
 絨毯はいいですよ。
 柔らかすぎず固すぎず・・・・・・・・・
 汚れなんかも、色あいでわかるし・・・・・・

 でも、いろいろ考えると、私は、やっぱり日本人なんです!!
 もっと良いものが、日本古来のものとしてあることを発見!!
 もっと見直されていいものが・・・・・・・・・・・

 それは、「 畳 」
 肌触りが良く、微妙なクッションを備え、通気性もあり、
 臭いもいい!!!
 表替えというエコリサイクルも昔からやってます。
 夏なんか、畳の上にベットパット敷くだけで十分寝られます。
 何となく心を和ませてくれる不思議な素材なんです。

 もっと見直されてもいいものではないかしら???

<T.K>

前へ6月