ちょんな
「ちょんな」とは、木を削る大工道具として
古くから使われている手斧の事です。


<平成27年4月>

私の囲りで起きている現実
 山笑う 4月になり雑々な事が動き出し 希望を持たせる季節になりました。どうぞ 良い事がありますように・・・・・。

南アルプス  天竜川 

東京のこと

 久しぶりに東京へ行く機会があり 山手線含め都心の電車に乗った時に あぜんとした気分にされたのは 乗客の全員といっていい人がスマートフォンに夢中になり 囲りを気にする事も無く無言でいた 私にとっては異状とも見える車内の様子でした。

 今では、子供達の卒業や進学のプレゼントはスマートフォンが与えられる事もあるようで 小学生でも 多くの子が持っています。そしてある東京の小学校ではipadの卒業証書だそうです。それは卒業アルバムのように内容も含まれた物らしく、今年の卒業式に手渡されました。


山吹きの花  岩桜 

囲りのこと

 昔から 建設業の仕事は 自然に接し 関わりながら 人それぞれの技術や考え方を確認をして進められていました。その管理方法は日々進歩してはいますが 現場では多くの技能者が不足し続けています。

 私達の囲りの環境は 後退はなく進歩し続け新しい物が次々と造り出されて変わっていきます。でもこの便利さは人を本当に楽にしてくれるのでしょうか又してくれているのでしょうか。

<T.K> 

前へ27年2月