ちょんな
「ちょんな」とは、木を削る大工道具として
古くから使われている手斧の事です。


<平成28年11月>

10月の風景  私のこと

白川郷へ行ってきました

昔に返るわけには行きませんが 返り見て今を知る・・・。
10月は そんな気分にさせられる季節のようです。

私の時代にもあった 茅葺き屋根や田園風景、白川郷の古い
家屋の宿泊所には 外国からの旅行者が多く見られ、日本の
古きを温めてどこか日本の心を感じてくれているのでしょうね。

ここを訪ねる人には なぜか落ち着きを、なぜかなつかしい思い
を持たせてくれています。

“日本はとても美しい国” 先日 訪れたフィリピン大統領の感想
が報道されていました。その中には こんな意味も含まれていて
欲しいものです。

途中に寄った岩村城下町。浜松では井伊直虎が女城主として話題になっていますが、ここ岩村でも別の女城主の ものがたりがあり 岩村城下町は“女城主のさと”として整備され いくつかのみやげ物店が並んでいます。その中、創業200年の岩村酒造酒蔵で名の通り“女城主”の銘柄の酒が造られ売られています。
特別純米酒は軽い口当りで飲み易く 秋の季節の料理に合う 私のためのお酒のようで 大変おいしいお酒でした。



日本人の持っている感性から 物を大切にする考え方もあり 自然と共に 残そうともしています。
いつでも立ち止って回りを見て 過去もふり返る。
味わってみるのは私の健康と 自然、季節の確認・・・・・・・。
<T.K>  

前へ28年9月