ちょんな
「ちょんな」とは、木を削る大工道具として
古くから使われている手斧の事です。


<平成29年3月>

わかりやすいZEH講座

 最近よく目にするネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH:ゼッチ)について、お客様からご質問されることが多いので、ご説明させて頂きます。

 まずは「ZEHとは?」というところから、お話ししたいと思います。
 ZEHとは、H28年省エネ基準より更に20%以上の省エネ性能を持つ住宅で、図1の様に、

 @住宅の性能で消費エネルギーを抑えること(断熱性・気密性)
 Aエアコンや照明などの電化製品を省エネ製品にすること

 @+Aで20%以上の省エネ性能を達成し、同時にB太陽光などで電気を創ることで、一次エネルギー(ガソリンや灯油、LPガス、電気の原材料となる原油や石炭、天然ガスなど)換算の消費量を計算上0にするということです。

図1

 ではなぜ、わざわざ一次エネルギーに戻して計算するのか。1kwhの電気を作るのに必要なエネルギーは9.76MJですが、それは、発電や送電のロスにより電気が家庭に届く頃には37%ほどに減ってしまうからです。一次エネルギーまで戻して比較すれば、このようなロスによる不平等がなくなります。

 これだけを見ると、電気はロスが多いから省エネではないように見えますが、エアコンとエコキュートは1khwの電気を何倍にもできる仕組みを持っています。最新の省エネ仕様のものについては、エアコンは最大5倍以上、エコキュートも3倍以上になるものもありますので、ロスがあっても省エネになるということになります。

 ところで図1のAで削減している電化製品について、なぜこの5項目だけなのでしょう?
 IHコンロや電子レンジなど大きな電力を必要とするものもありますが、毎日何時間も使うことはないと思います。主に多くのエネルギーを使う5項目がピックアップされているのは、比較的長時間使用する電化製品だからです。

 余談ではありますが、「MJって何?」と思われた方も多いと思います。こちらはM(メガ)J(ジュール)と読みます。メガ(1メガは100万)はスマホやPCなどでもおなじみですが、ジュールはエネルギーの単位です。日本ではcalがこれに当たりますが、ヨーロッパなどの国ではJの方が一般的です。1J=0.24calですので、1MJ=1,000,000J=240,000calと言うことになります。輸入物のお菓子の表示を見るとcalではなくJを使って表示してあるものもありますので、比較してみるのも楽しいですね。

<K.N>  

前へ29年2月