土木委員会 委員会便りへ戻る

平成28年度 土木現場技術発表会

発表会会場

中村協会長 (一社)浜松建設業協会土木委員会と(一社)静岡県土木施工管理技士会浜松地区主催による、平成28年度土木工事現場技術発表会が、9月27日(火)午後1時30分より、可美公園総合センターにて約110名参加のもとに開催されました。
中谷参与兼次長
 まず開会のことばとして当協会の中村嘉宏会長
(左写真)より「毎年内容が高まっている。習得した知識を仕事に生かして欲しい。」とあいさつ。来賓の浜松市土木部の中谷孔右参与兼次長(右写真)からは「機械化が進んでも基本は人。すぐれた発表を聞いて施工技術を高めて欲しい。」と期待を込めたお言葉を頂戴しました。

 この後、講師による特別講演があり、続いて6名の技術発表が行われました。

【特別講演】
原田橋の復旧に向けて
浜松市土木部天竜土木整備事務所 技監  植 田  一氏

【技術発表】
1. 防潮堤建設工事における情報化施工について
株式会社鈴木組  鈴木 重範
2. 場所打RC(鉄筋コンクリート)床版におけるひび割れ抑制対策
中村建設株式会社  熊谷 真孝
3. 橋台工のひび割れ抑制(防止)対策
株式会社林工組  泉 智之
4. 鉄道近接施工における問題点と解決のための工夫について
株式会社中村組  下塩入 純也
5. 道路築造工事における安全対策について
株式会社泉組  大箸 健吾
6. 下水処理場の耐震補強工事における特殊条件下での様々な改善策について
須山建設株式会社  内山 荘平
発表風景

以上6件の発表の中から
 「下水処理場の耐震補強工事における
    特殊条件下での様々な改善策について」 須山建設X 内山荘平さん
が最優秀賞に選ばれました。